ニゾラールで水虫撃退

水虫には絶対的な効果があるニゾラールですが、カンジダなどにも有効なお薬となっています。ニゾラールが含まれている商品などをこちらではご紹介していきますので参考になさってください。

名古屋で使われている匂いが出る場合もあるニゾラール

ニゾラール(Nizoral)は、ケトコナゾールを有効成分にしている医薬品です。真菌を殺菌する塗り薬として使われていて、白癬(水虫)、皮膚カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎などの治療をすることができます。クリームやスプレー、ローションなどの医薬品が開発されていて、名古屋市内のクリニックでも処方がされています。
ニゾラールは、ニキビ治療にも利用されています。高い殺菌作用があるため、ニキビの原因を取り除くことができます。名古屋市の皮膚科でも、ニキビ治療のために処方される場合もあり、さまざまな症状の治療に用いられています。ニキビで赤く炎症してしまった場合には、炎症を抑える働きもあり、さまざまなタイプのニキビに効果があります。
ニゾラールは、クリームの塗り薬の場合は、白色です。匂いはクリーム自体にはありませんが、患部と反応することで、独特な匂いを生じます。そのため、顔などにつける場合には、必要最小限に抑えて使うなどの工夫をして、匂いを抑えることが重要です。
ニゾラールは、医師に処方された場合には、医師の指示に従って、使い続けることが重要です。足の水虫の治療で使う場合には、足の裏などの角質層が厚い部分の水虫は、半年から1年以上塗り続けないと完治しないことがあるため、毎日塗り続けることが重要です。治療開始後2~3週間で効果が出ることがほとんどですが、症状が改善しない場合には、医師などに相談する必要があります。
ニゾラールは、シャンプーにも配合されている場合もあります。薄毛治療に効果があり、粃糠性脱毛症や脂漏性脱毛症、女性男性型脱毛症(FAGA)などに効果的です。名古屋市内のAGA治療ができるクリニックで使われているところが複数あり、効果を実感している人が増えています。